❮EPUB❯ ✺ Hi to Bunmei no Kami Kagutsuchi wo miyo Author Junichi Saga – Horse-zine.co.uk

Hi to Bunmei no Kami Kagutsuchi wo miyo chapter 1 Hi to Bunmei no Kami Kagutsuchi wo miyo , meaning Hi to Bunmei no Kami Kagutsuchi wo miyo , genre Hi to Bunmei no Kami Kagutsuchi wo miyo , book cover Hi to Bunmei no Kami Kagutsuchi wo miyo , flies Hi to Bunmei no Kami Kagutsuchi wo miyo , Hi to Bunmei no Kami Kagutsuchi wo miyo 08492e10d0f5a  年月日の東日本大震災により、福島第一原子力発電所に原発事故が発生し、日本の国土は放射能によって汚染された。それからすでに年が経つが、放射能の流出は止むことなく続き、汚染地下水は毎日増え続けている。だが、原発を推進する勢力は未だに大きな力を持ち続け、すでに国内カ所の原発は運転を再開した。
 この本は原発事故について責任を負う人々が、地獄の閻魔(えんま)大王に査問を受けるあり様を描いたものである。事故当初、根拠のない安全神話を唱え続けた原発推進論者やマスメディア、政治家達が閻魔庁に召喚され、その欺瞞性が次々と暴かれてゆく。
 本書のタイトルは「火と文明の神 迦具土を見よ」となっている。迦具土(かぐつち)は、古事記神話に登場する恐ろしい神である。彼は国生みの女神イザナミの子であるが、この世に現れると同時に悲劇が誕生した。イザナミは陰部を焼かれ、病の床で金属や土器、穀物の神々を生み、死んでしまう。夫イザナキは激怒して息子の身体をバラバラに切り裂く。するとその血液や死体から戦争の神々が生まれる。
 原発は現代の迦具土である。それは豊かさと同時に悲劇を引き連れて現れる。
 
 初版は大震災

Add a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *